自信度★★★☆☆
夏競馬唯一のG2 札幌記念。
ネオリアリズムの回避は残念ですが、さすがなかなかのメンバーが揃いました。
前回の関屋記念と違い、これは堅そうなレース。
久しぶりに本命は1番人気でいきたいと思います。
買い目もガチガチにヤマカツエースとエアスピネルの馬単、馬連、ワイドでいこうかとも考えたのですが、あまりにも守りに入っているので止めます。
ただ…、堅く買います。穴は入れますが…。
ヤマカツエース

◎ 3 ヤマカツエース
札幌記念は3回目。3歳時は0.1差の4着、4歳時は0.7差の5着です。ですが、昨年末の金鯱賞を+20kgと大幅体重増で制して、有馬記念を0.3差の4着、再び金鯱賞を完勝し、大阪杯を0.2差の3着とハイレベルな相手に善戦を続けています。
ここはキタサンブラックもサトノダイヤモンドもいません。しっかりと身が入り、レベルが何段階か上がった感じがします。休み明けですが、ここに向けて仕上げてきたとのこと。調教を見ても好タイムを出しています。1番人気は過去10年で2-5-0-3で連対率7割は軸を後押しできる材料。ただ勝率は2割ですが…。
少し気になるのは本馬の脚質です。ロードヴァンドール、マイネルミラノともに逃げを主張するタイプではないので、ペースは落ち着くと思います。そうなると少し届かないという可能性もあるかなと思っています。

◯ 13 エアスピネル
常に好走する優等生。ただ少し足りないですよね。惜しい競馬が続きます。今回、遂にマイル路線から中距離に…。個人的にダービーのあの脚を見ているとマイルではなく、中距離くらいがベストなんじゃないかと思っていました。何気に菊花賞も3着ですからね。
好位からの競馬になると思いますが、札幌記念は好位が良いのです。距離延長で折り合いがやや心配ですが、ここは良い勝負すると思います。
武騎手のエアスピネルが好きなのですが、キタサンブラックで王道進みますから、当然の騎手変更でしょう。ただ本番で騎乗できないルメール騎手というのは如何なものかと思ってしまいますが、勝ちに来たとも考えられます。

▲ 5 マウントロブソン
スプリングS勝馬ですが、クラシックは不完全燃焼でした。成長の余地を残し長期休養し、やっと戦線復帰でしっかりと結果を出しました。本馬はこれくらいの距離の方が良いのではないかと思います。叩いたことでここでも好勝負だと思います。父ディープインパクトは好材料。そして堀厩舎、さらに何よりも鞍上モレイラ騎手。個人的にはデムーロ、ルメール騎手より、実力はかなり上だと思います。スブい馬なのですが、モレイラ騎手がうまくエスコートしそうな気がします。勝ち切ることも十分あると思います。

△ 9 ディサイファ
本馬も父ディープインパクトであり、2年前の札幌記念覇者です。その年がピークで毎日王冠をエイシンヒカリの2着から天皇賞秋では3番人気でしたが、0.5差8着。2016年秋以降はピークを過ぎた感は確かにあります。もう8歳ですし…。ただ、函館、札幌の洋芝成績は3-0-0-0。G2を2勝、G3も2勝の実力をもう一度見せて欲しいと思います。

△ 7 サウンズオブアース
未だに主な勝鞍は500万下のはなみずき賞。ですがご存知の通り菊花賞、有馬記念、JCというビッグレースで2着3回、G2でも4回も2着あります。ただ今回はドバイ帰りの休み明け、そして距離が短い気がします。あくまで押さえで…。

△ 6 タマモベストプレイ
距離が短いと思っていた前走の函館記念2着はびっくりです。洋芝成績は1-3-1-2。今回、ペースが落ち着くことが考えられるので、前が残る可能性はあると思います。

買い目
ヤマカツエース軸の馬連
3 - 13、3 - 5 (2点×1,000円)

ヤマカツエース軸の3連単フォーメーション
3 → 5、13 → 5、6、7、9、13(8点×300円 2,400円)
5、13 → 3 → 5、6、7、9、13(8点×300円 2,400円)
合計 6,800円
スポンサードリンク